女の子は誰でも

こんばんは、心理カウンセラーの奥ひかりです(*^_^*)

私はカウンセリング活動を始めるにあたり「28歳からの幸せレディ育成カウンセリング」というコピーを掲げていますが、勿論27歳以下の女性の申し込みも受け付けておりますし、メールセッションでは男性のカウンセリングも行っています。

では何故、28歳以上の女性をメインターゲットにしたのか、今回は少しその思いをお話させて頂こうと思います。

 

東京事変さんの『女の子は誰でも』という曲の歌詞に「女の子は誰でも魔法使いに向いている」という一文があるのですが、私はこのフレーズがとっても好きなのです。

人は誰しも、ひとりで生きているわけではない以上、この世に生きているだけで必ず誰かに影響を与えているはずですが、私は自分が女性なので特に、女性の持つ影響力を信じています。

ポジティブなものでもネガティブなものでも、近しい人の感情は、人から人へ伝播しやすいものです。

だから例えば、女性が愛情深く優しくなれたら、いずれ妻になった時、共に暮らす夫もきっと優しい男の人になってゆくし、母になった時には、子供も優しい子に育ってゆく……そういうプラスの影響力を持てるのではないかと、私は考えています。

少なくとも、育ててくれたお母さんの持つ自己肯定感の影響は、子供が小さな頃から無意識の中に積み重ねられ、後々その子の人生を大きく左右する要素のひとつになります。

結婚しない生き方を選んだとしても、仕事仲間や友人など、必ず誰かに影響を与えて生きているはずです。

周りの人へポジティブな影響を与えられる、そんな幸せレディがひとりずつでも増えたら、少しずつ、世界もより良くなってゆくのではないか……そんな思いで、これまで私が学んできた感情コントロールのコツをお伝え出来ればと思い、カウンセリング活動を始めました。

 

また28歳は私が、心理学に出会うきっかけの悲しい大失恋を経験した歳ですが(笑)、恋愛に限らず、30歳の節目を目前にして、自分の将来や生き方について改めて向き合い、悩んでいた時期でもあります。

女性にとっては、仕事や結婚や出産などについて、大きな決断をすることも多く、焦りや不安を抱えやすい時期なのではないかなと思います。

しかし逆を返せば、自分の人生について再選択をしやすい時期かもしれません。

「これから自分はどう生きるか」、「5年後、10年後、どんな自分になっていたいか」……改めて自分自身の心と向き合い、幸せな人生を勝ち取るために、カウンセリングというツールは有効なのではないかと思います。

 

「アラサー女子から世界を元気に!」……微力ではありますが、そのために日々精進し、力を尽くして参りたいと考えております。

 

友人や家族にはなかなか話せない、話してもなかなか解決出来ない、心のお悩みごとがありましたら、お気軽にご相談下さいませ。

 

**カウンセリングの詳細はこちらのページから**

 

[Related Article]

カウンセラーは問題を解決できない

本当に大切な人を大切にするために、知っておいてほしいこと

“女の子は誰でも” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です