“がんばる”には2種類ある

私達は、日常的にがんばるという言葉を、とてもよく使うと思います。

また、誰かを応援する気持ちを表す時には「がんばれ!」という台詞も頻繁に用いますよね。

ですが、ストレス社会と呼ばれる昨今では、5人に1人はうつ病を発症する可能性があると言われ、「うつの人に対して『がんばれ』は禁句!」というような話も、大半の方が耳にしたことがあるのではないでしょうか。

がんばることを美化しすぎてしまうと、自身が「がんばれない」と感じている状態では、責められているような気持ちになり、かえって苦しくなってしまうのです。

そうした世相を映すように、巷ではがんばらないことを勧める心理系の本やブログも、とても多く見かけるようになりました。

「でも、がんばることって、いけないことなの?」

がんばるがんばらない……果たしてこの問題には、正解があるのでしょうか?

今回は、2種類のがんばるについて、少しお話してみようと思います。

 

ストレス学説を唱えたカナダの生物学者ハンス・セリエは「ストレスは人生のスパイスである」という言葉を残しました。

頑張るという言葉には、「忍耐して、努力する」というような意味がありますが、忍耐や努力の中には、必ず何かしらのストレスが含まれているのではないかと、私は考えています。

ストレスには、実は快ストレス不快ストレスの2つの種類があるとされています。

 

快ストレスとは……

目標、夢、スポーツ、良い人間関係など、自分を奮い立たせてくれたり、勇気づけてくれたり、元気にしてくれたりする、刺激とその状態。

人生を豊かにするためには必要なもの。

不快ストレスとは……

過労、悪い人間関係、不安など、自分のからだやこころが苦しくなったり、嫌な気分になったり、やる気をなくしたりするような刺激とその状態。

 

同じ刺激であっても、人それぞれに感じ方は異なると思いますが、自身の経験と照らし合わせると、なんとなくおわかり頂けるのではと思います。

例えば、学生時代に自ら好きで選択した部活や、趣味のための努力、やりがいを感じる仕事、厳しくも愛のある先輩など、しんどい部分はあるけれど、その先に達成感や幸福感が得られ、自らの健やかな成長に繋がるようなものは、快ストレスと言えるでしょう。

一方、やりがいを感じられず辛いだけの仕事や、嫌がらせをしてくる上司、モンスターカスタマーなど、自身にとって生産性のある関わりを築けないようなものは、不快ストレスに当たります。

つまり、2種類のがんばると先述したのは、自分にとって楽しいこと、やりがいのあることをがんばるのと、苦痛でしかないこと、生産性を感じられないことを無理してがんばるのとでは、言葉は同じでも、意味合いが全く違ってくるということです。

 

また、適度なストレスは、人間の行動を適度に活性化し、心理的・生理的に効率の高い状態にしますが、過度のストレスや長期にわたるストレスは、不快感や病気などの害をもたらすとされています。

上記の快ストレスのようなものも、自らに過度に課しすぎると不快ストレスになってしまう危険性もある、ということです。

これはあくまで一例として、私の体験談ですが……私は歌が好きで、20代の頃からずっと、アマチュアで音楽活動を続けていました。

それである時期、自分なりにストイックに毎日ピアノを弾きこみ、歌の練習をしていたのですが、程なくして、声帯を壊して歌えなくなってしまったことがあります。

幸い声帯は薬ですぐに治ったのですが、大好きだったはずの音楽はいつの間にかしんどくなってしまい、暫くの間、活動をお休みすることになりました。

身体的なストレスは勿論ですが「しっかりやらなきゃ、頑張らなきゃ」という精神的なプレッシャーが、かなり大きかったのだと思います。

今は、自分が心から楽しいと感じられるペースで、心から楽しめる場所に限って、ゆるやかに音楽活動を続けていますが、おかげさまで、とても幸せに音楽と繋がることが出来ています♪

 

ストレスが少なすぎると、倦怠や意欲低下に繋がってしまいますが、多すぎると心身を壊してしまうんですね。

冒頭でお話したがんばるがんばらないは、どちらが正解というものではなく、その種類の見極めと、自分自身の心身の状態の見極め、それを踏まえたバランスの取り方が大切、ということなのだろうと思います。

活力を与え、生産性を高める、自身がイキイキと感じられる、バランスの良いがんばり方を。

そして、しんどくなってしまったら、なるべく無理をしないこと。

そのためには日頃から、自分の心の状態によく耳を傾けてあげることが、重要なのではないかと、私は考えています。

 

「もしかして、私って頑張りすぎ?」

自分ではよくわからない、という場合もあると思います。

ひとりでは解決が難しいと感じるお悩みごとがありましたら、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

**カウンセリングの詳細はこちらのページから**

 

[Related Article]

カウンセラーは問題を解決できない

どうせ2割には嫌われる

““がんばる”には2種類ある” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です