どうせ2割には嫌われる

みなさんは、2:6:2の法則というものをご存知でしょうか?

別名働きアリの法則とも呼ばれるもので、組織の全体を顧みる場合、その総数の多い少ないに関わらず「2割の人は優秀な働きをし、6割は普通、残りの2割は良くない働きをする」というもの。

Panasonic創業者の松下幸之助さんが提唱したものとも言われ、主にはビジネス関連の文脈で使用されることが多いようですが、実はこれは自然界のバランス法則として、人間関係全般についても同じことが言えるのです。

今回は、心を楽に自分らしく生きるため、人間関係においての2:6:2の法則について、少しお話してみようと思います。

 

私達は誰でも「人に嫌われたくない」とか「愛されたい」という気持ちを、当たり前に持っているものです。

だから、嫌われないように社会のルールをきちんと守ったり、なるべく「良い人でいよう」と努力をしたりします。

勿論これは、人間社会を円滑に生きていく上で、ある程度は必要なことなのかもしれません。

しかし、現代の日本では、過剰に人の目を気にしてしまい、自分を押し殺してしまうために、生きにくさを覚えたり、心を病んでしまうという人が、非常に多くなっているのです。

 

価値観や常識というのは、100人いれば100通りあるもの。

良い人の定義も、それぞれに全く違ってきます。

人間関係における2:6:2の法則というのはつまり、例えどんな生き方をしたとしても、あなたを嫌いな人は必ず2割はいるということです。

どんなに品行方正にしていても、正論で争っても、決してわかり合えない人達が、いるのです。

……と書くと、なんだか絶望的な内容に思えるかもしれません(^_^;)

でも、逆に考えれば、どんな生き方をしても、万人に愛されることは不可能なわけですから、だとしたら嫌われないように良い人でいることより、自分の好きなこと、やりたいことを自由に選べる生き方の方が、ずっと得ではないでしょうか?

だって、例えどんな生き方をしたとしても、あなたを愛してくれている人もまた、必ず2割はいるのです。

2割のアンチのために本来の自分を押し殺すより、2割のファンのために自分らしくいられる方が、よっぽど人生が楽しく充実したものになるのではないかと、私は思います。

世界には無数の価値観が存在するわけですから、わかり合えない人は「そういう人もいるんだなぁ」で、いいのです。

例え理解し合うことが出来なくても、お互いの違いを認め合うことが出来れば、戦争をする必要など、本当はないのではないでしょうか。

 

「でも、そうは言っても、残りの6割の人達は?」と、思うかもしれませんね。

これには統計的な根拠はなく、あくまで主観の経験則になってしまうのですが……。

先述した2割のファンの人達を大切に、真に自分らしい生き方を心がけていると、残りの6割の人達の一定数も、何故か味方についてくれることが多いようです♪

「みんなに嫌われないように」と八方に気を遣っている時は、言わば個性を殺している状態なので、自分らしい魅力もまた、隠れてしまっているのでしょうね。

初めは少し怖くても、自分の本当にやりたいことや、好きという気持ちには、どうか蓋をせず、自信を持って表現していって欲しいなと思います。

その中にこそ、あなたらしい、あなただけの魅力が、たくさん詰まっているのです。

反発する人もいるかもしれませんが、必ず、それ以上に応援してくれる人も見つかるはずですよ(^_^)

 

「頭ではわかるけど、どうしても人の目が気になってしまう……」とか「自分らしさがわからない!」という方もいらっしゃると思います。

個別相談も行っておりますので、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

**メールカウンセリングのお申し込みはこちらのページから**

 

[Related Article]

自分を大切にする人と、インチキナルシストさんの違い

“がんばる”には2種類ある

“どうせ2割には嫌われる” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です